第74回 全国小学生歯みがき大会「続けていくことが大切です」

1日(木)に、5・6年生が3名が第74回全国小学生歯みがき大会に参加しました。教室でDVDを見ながら、歯・口の健康について勉強し、その知識を活かして実習するという形式で行われました。子どもたちは、歯、口の健康を保つには、毎日の歯みがきを継続することが大切だということを学びました。

第74回 全国小学生歯みがき大会

ふるさとなみえ交流会「笑顔と元気を届けに行きました」

6日(火)に、ふるさとなみえ交流会を行いました。浪江町の方々との交流を深め、ふるさとを大切にする気持ちを育てることをねらいとした活動で、24年度から続いています。

今回、津島診療所とオンフールふたばに、子どもたちがプランターで育てた花を届けました。オンフールふたばでは、「んだげんちょダンス」と「和太鼓」の演奏を披露したり、お年寄りの方々と「なみえっ子カルタ」で遊んだりと交流を深めました。また、ふるさとなみえ科の学習の一環として、浪江のお祭り「十日市祭」についてのインタビュー活動も行いました。

交流会を通してたくさんの笑顔があり、元気を届けることができ、充実した時間になりました。

ふるさとなみえ交流会
ふるさとなみえ交流会

十日市祭についてインタビュー「十日市祭を開催する人の思い」

本年度のふるさとなみえ科では、浪江町の伝統行事として有名な「十日市祭」について学習を進めています。

個人の課題をもとに、本やインターネットなどで調べたり、浪江町出身の方にインタビューを行ったりしながら情報を集めています。

13日(火)は、十日市祭の実行委員を務められている浪江町商工会の島田さんをお招きし、祭りの歴史や震災後の現状、祭りへの思いについて子どもたちにお話していただきました。子どもたちは、島田さんの貴重なお話に熱心に耳を傾けていました。その後、分からないことやもっと深く知りたいことについて進んでインタビューをしていました。

今回分かったことをもとに、さらに学習を深めていきます。

>十日市祭についてインタビュー