ふるさとなみえ科

ふるさと浪江交流会2014年6月25日~7月1日

「ふるさと浪江交流会」は、安達運動場仮設と塩沢農村広場仮設(6月25日)、旧石平小仮設(6月30日)、大平農村広場仮設(7月1日)で行われました。

始めに、子どもたちが育てた花をプレゼントしました。プランターには、仮設住宅のみなさんを元気づけたいという子どもたちのメッセージが書かれています。

交流会では、浪江町に伝わる昔話(「酒田の大堤」「甚六の狐退治」)の紙芝居や「浪江カルタ」、子どもたちが考えたなぞなぞ等を楽しんでいただきました。

また、仮設のみなさん一人一人に、大好きな浪江の事や、浪江への思いを伺いました。自然の豊かなところ、請戸で捕れた魚のおいしいこと、「十日市」など歴史ある伝統行事、そして人々の温かさなど、それぞれに浪江への思いがあることを知りました。

「また来てね!」「待ってるよ!」仮設のみなさんからそう言葉をかけてもらうと、子どもたちは「喜んでもらってよかった」と嬉しそうでした。