ふるさとなみえ科

安波祭新聞完成2014年6月20日

子どもたちは、請戸地区の郷土芸能保存会会長の渡部様から話を聞くことで、 安波祭の歴史や祭りに込められた人々の願いについて理解を深め、「ふるさとなみえ新聞」にまとめました。

「なぜ海に入っていくのか」「どんな衣装や曲で踊るのか」など、自ら興味を持った祭りの特色や、実際に衣装を身につけた感想など、新聞の内容も様々。また、「愛されてきた祭り」「伝統を受け継いで」「安波祭復活!」など見出しを工夫しながら、豊漁・豊作を祈願し古くから行われてきた祭りであることや、震災後も田植え祭りを仮設住宅などで行い、伝統を守ろうと努力している請戸地区の人たちの思いなどを伝える新聞を作ることができました。

学年ごとの新聞も随時掲載していきますので、どうぞお楽しみに。